モチ助(猫)がいなくなった。必死に探し回ったが見つからない。日が暮れ始めた。もうモチ助は帰ってこない。そんな気がした数分後、ニャーンつって普通に帰ってきた の巻

なぜか毎回ブログを書く事になってるイトウです。おもいなす疲れてるので、また少しづつ書き足していきます。
たぶん。

8日、泉区団体様が開催されました。
阿部ちゃん率いる加茂男子チームはAチーム、Bチームに分かれ、それぞれセクシー、ワシ、尾藤イサオさん、田代さん、なんかがメンバー入り。
泉区の大会らしいなんともゆる〜い大会が幕を開けました。

・まるで自宅にいるかのようなスタイルでオーダーを考える阿部ちゃん、と思ったがよく見たら自作のマンガを描いてたトモユキ少年。
d0357805_16580505.jpeg


【全身全霊、全気力を使って無気力試合をしろ! の巻】
・今回優勝商品はビール。しかも1部トーナメント優勝も2部トーナメント優勝も同じビールのサイズと数量。
・我がAチームのチームリーダー、アルコール大好き中年、田代さんから「1部優勝は無理だ。マジ無理。だから2部優勝を目指そう。2部トーナメントに参加するには予選リーグを下位で通過する必要がある。予選は限りなく負け越しでいこう。勝つな。なんとしても負けてこい。1プレー目からぶちかますんじゃ」
と、けっこう最低な作戦がドヤ顔で言い渡された。
・が、他メンバーもわりかし最低な奴らだったので、みんな普通に賛同した。
・しかし敵チームも同じ考えなようで、いかに上手く負けるかを思案しているようだった。
・つーわけで最低な奴らの最低な試合が始まった。

・セクシー金田&田代さんは、打った瞬間にバックアウトとわかる特大逆転満塁ホームラン級クリアをぶっ放し、アウトを狙う作戦に出た。
・「いっけぇぇぇええええっ!!」と叫びながら渾身の力で壁まで飛んでいきそうなクリアを打つセクシー。
・よしよし。これを要所要所で繰り出せば上手く負けられる。やるなセクシー。

・敵さん「うぉぉおおおらぁぁああああっ!!させるかー!!!」
ズドドドドドドー!

・!?
・ものすげぇ勢いでホームラン級の勢いで飛んでるシャトルを追う敵さん。
・敵さんは「どけどけー!」とギャラリーをはねのけながらシャトルに迫っていく。
・セクシー&田代さん「な、なにィ!!まさか!?」

・ヘチッ。
・ギリギリなところでかすかにシャトルに触れたようだ。
・敵さん「触った!俺触ったよ!かすかに触ったんじゃ!ヘチッ!って音したっしょ!ヘチッって!」
・タッチした事を必死にアピールする敵さん。
・ポイントはもちろんセクシー&田代さんペアに。
・敵さんペア「へへっ。そう簡単にオマエらに負けは譲らないぜ」
・セクシー&田代さん「く、くそっ。こいつら手強い!この試合荒れそうなな予感がするぜ・・・」
・最低なやりとりなのにキャプテン翼の南葛VS明和のような熱い展開を繰り広げる4人。
d0357805_12402074.jpeg


・バカばっかだよ。ホント。



・ワシはスマッシュを全て真下の床にバチコーン!と叩きつけるという、人としてどうかと思えるかなり最低な作戦に出た。
・ワシ(セクシーも田代さんもプライドが邪魔してんだよ。ワシはプライドなんてないからな。この作戦で負けまくってやるぜ。へへっ)
・などと思いながら、バチコーン!バチコーン!もいっちょバチコーン!と順調に相手側にポイントを献上した。

・敵さん「ぐ、ぐわぁ!」

・突然相手ペアの一人がネイマール劇場ばりに倒れ込んだ。
・敵さん「すいません。足を挫いたみたいなんで棄権します。負けです、僕たちの負けという事は、そう。君達の勝ちだ。コングラチュレーション」

・相手が禁忌の技を使ってきた。しかもなんかカッコ良く負けを宣言している。
・その手があったのかよ・・・と、少し感銘を受けた。
・ワシ「いやはや、完敗です(いや勝ってる)。まさかそんな奥の手があったとは。これは一本取られましたな」
・敵さん「いやいや、あなたの垂直落下式スマッシュには苦しめられましたよ。このまま私達が勝ってしまうのではとヒヤヒヤしっぱなしでした。ははは」
・ワシもバカだけど敵さんも相当バカだと思うな。

・お互いにアホな健闘を称え合い、尊敬と軽蔑の感情が入り混じったよくわからない熱い握手をした。
・周りのギャラリーのみんなは表現し難い顔になってた。なんか煮込んだシイタケみたいな顔してた。
・コートから出たら足を挫いた敵さん普通にスタスタ歩いてトイレに向かって行った。
・トイレットペーパーが紙ヤスリになってればいいな、少し粗目のやつ。と願った。

・2部リーグ参加をかけた試合は、セクシー&田代さんペアが隣コートまでシャトルをぶっ飛ばす超サイドアウト作戦という迷惑極まりない最低な裏技を使い無事1勝2敗と負け越した。

・その後のトーナメントは普通に勝ち進んでめでたく2部優勝。
d0357805_00150046.jpeg
・軍師田代さんに乾杯だ。




・夜はいつも通りレイナ〜ずが開催。
・今回は約7年ぶりに大江ちゃんが参加。
・ワシがDクラスだった頃すでにAクラスで小山さんや菅原リョー君、菊池さんなどとバチバチのガチガチで打ち合っていた猛者の大江ちゃん。
・そのバドスキルは衰える事なく現在も磨き続かれている。
・さらにエスプレッソ西田、大ちゃん、トモヒー、とレアキャラが多数参加。
・メンズメンバーが多かった。

・試合前に小山先生にラケットの振り方を見てもらう事にした。
・小山先生「あー、ダメダメ。最後インパクトの瞬間は全身の力を瞬間的に爆発させて打ち込む感じです」
・手本の素振りをする小山先生。
・ハヒュボホッ!!!
・と、この世に存在しないような風切り音がした。
・ワシもコスモを爆発させ、瞬間的に思いなす振り抜いてみる。
・ファ〜サ〜ナフ〜ンニャム〜ンと、ご年配の方にも優しいそよ風的な音がした。
・小山先生あんなスリムなのに凄いわねぇ
( ;∀;)

【ツッコミは時にボケより面白い の巻】
・ワシ&古城君VS芝ちゃん&アビちゃんの試合。
・古城君の鬼スマッシュのおかげで、前衛のワシのとこに甘い返球がきた。
・プッシュを打ち込むワシ。
・シャーッとバックアウトするシャトル。
・お約束の光景だ。
・無表情の古城君。
・と思いきや、
・古城君「コラッ( ´_ゝ`)」
・と、可愛い感じでツッコミを入れてきた。
・いつも淡白な古城君がツッコんできた為、なんか妙にツボった。
・そういえば先日の例会終了後、阿部ちゃんに飲み会に誘われた。
・ワシは「いや、みんなとそんなに仲良くないし、七面倒くさいんで遠慮しときます」といつも通りの返答をすると、
・阿部ちゃん「こ、こ、こんちくしょー!( ;∀;)」とツッコまれながら肩パンチを喰らった。
・予想だにしないツッコミだった為、これもツボに入り爆笑してしまった。
・二人ともナイスなツッコミスキルを身につけつつあるわね。

・8時過ぎ、芝ちゃん&七重ちゃんが途中離脱。
・レイナ〜ず発足間もないころ8時間耐久バドによく参加しバリバリ動いていた芝ちゃん。
・さすがのパーフェクト超人芝ちゃんも寄る年波には勝てないのか。


・最後はみんなでパシャッとな。
d0357805_00184662.png



おつかれさん。


[PR]
Commented by ガッキー at 2018-07-12 20:04 x
いやいや、誰もが思ったでしょう・・一部参加にしたら公開処刑だって
(・∀・)

おかげさまで大変美味しくおビールいただきました♬
餃子とビールって、最高のペアですよね(^_^)

最高のペアと言えば、KさんとレジェンドAさんの試合は、釘付けになりました。
Aさんの最後に見せた連続スマッシュ!
さすがレジェンド!見せ場と決め所を逃さない

伊東さんの見せ場!楽しみにしてます(・∀・)



Commented by 通りすがり at 2018-07-14 00:09 x
「負けるが勝ち」、「正々堂々」
どちらも僕の人生の教訓である。
by mifune0007 | 2018-07-11 23:27 | Comments(2)