カテゴリ:未分類( 40 )

12日の午前、茂庭台市民センターでレイナ~ずが開催されました。


・会場入り前に落合にあるラーメン屋伊藤商店で「レイナ~ずラーメン部」が開催。
※レイナ〜ずラーメン部とは!?
ラーメンを食す数名の集まり。

・参加者はダイちゃん、マッさん、ワシ。
・まずは暖簾先でパシャっとな。
d0357805_23534086.jpg
・マッサン、ダイちゃんとあーだこーだ、なんちゃらかんちゃら、にゃんちむにゃむにゃむ雑談していると、きました朝ラー。
d0357805_23540424.jpg

・朝8時にラーメンを食う男達の図
d0357805_23542736.jpg

d0357805_23545071.jpg

・腹ごしらえも済んだし、ほいじゃいっちょバドしにいきますか、と席を立つとマッサンが衝撃の一言をいいだした。

マッサン「ラーメン食ったんで僕帰りますね( ^ω^ )」

ワシ「!?ラ、ラーメン食いに来ただけだと!?((;゚Д゚))じゃあバドしないで帰るというのか!?キミは!」

マッサン「はい。ラーメンを食いに来ただけです。バドしないで帰りますよ。僕は」

おうむ返しのようにガッツリ返事するマッサン。

・本当にラーメン食ってブィ〜ンと帰っていきました。
・ぬ、ぬぅ。相変わらず愛すべきキャラよ。



・茂庭台市民センターに着くと予想していた通りワシとダイちゃんだけが参加者。
・日曜日の午前だし、同日は学区民やら社会人やらの大会も開催されてるし参加者極少だろなーとは覚悟はしていたが・・。
・ダイちゃんと苦笑いしながら基礎打ちスタート。
・ダイちゃんに軽やかなステップからのドロップを教えて貰った。なかなか難しいわねぇ。
・10時過ぎても誰も来る気配もなく、このまま2人で基礎打ちか。ま、それもまた良し( ^ω^ )

・と、思ったら、高みー、アビちゃん、チエちゃん、杉さんが、立て続けに参加。
・6人で回し試合をする事に。
d0357805_23564947.png
・ワシ&高みーVSダイちゃん&チエちゃんの試合。
・ワシがドロップ。
・それをダイちゃんが「ハァッ!」とスタイリッシュにヘアピン。
・それを高みーが「おんどりゃあっ!!」と渾身の力でフルスイングプッシュ。
・ダイちゃんの脳天にめり込むようにバチコーンとクリーンヒット。
・「ぐわぁぁああっ!」とのたうち回るダイちゃん。
・慌てふためく高みー。
・吉本新喜劇の様な一連の流れがワシのツボにドィンドィン入りました。

・その新喜劇の試合後、めり込ませ職人高みーがダイちゃんへ謝罪に。
・高みー「すいません。頭大丈夫ですか?」
・と、なんか失礼な事を言ってるように捉えかねない謝罪をする高みー。
・ダイちゃん「ああ。全然大丈夫ですよ。僕むしろ痛いの大好きですから。痛みが僕の喜びなんです。これからも僕に痛みを与えてください。お願いします」
と、なんか危ない事を言ってるように捉えられかねないけど、高みーが凹まないよう気遣う優しいダイちゃん。
・そんな変態チックだけど優しいダイちゃんが好きだ。
・アビちゃんが女子ダブルスをしようと提案。
・チエちゃん&高みーの女子ペアに対し、「ジュン子」「アビ美」と安直かつ語感のわるいキャラ設定し挑む事になった。
・そのアビ美はサーブトスのジャンケン勝利後相手が構えてもいないのに間髪入れずすぐにサーブを打つという人としてどうかと思うプレイをしていた。
・長命ヶ丘の狂人の名前は伊達ではない。

・最後は今日が誕生日だったチエちゃんと、先月誕生日だったアビちゃんを中心にパシャっとな。
d0357805_23581466.png
・アビちゃんは寒くても半袖短パンの小学生の時にクラスでたまにいた「オ、オマエ、寒くねーのかよ」なスタイルで参加していた。

・そういえばこれまでアビちゃんWikipediaを書いた事がない。
・つーわけでアビちゃんWiki!
・いったれー。
・35歳くらい
・O型
・誕生日のお祝いに現金10万円という具体的かつリアルな数字で要望を出してきた素敵な紳士。
・好きなアニメは「メジャー」
・1番好きな回は「清水の作文」の回。
・好きな食べ物はハンバーグ、オムライス、カレー。カレーに生卵を落としてあげると飛び跳ねて喜ぶ。
・レイナ〜ず最古参メンバーの1人。
・なんだかんだで定期的に参加してくれて皆を笑わせてくれるナイスな人物。
・生命保険会社に勤めのインシュアランサー。
・ケイタ君のお父さん。
・なんと、さらにヒナちゃんのお父さんでもある。
・ブログ記事を書く担当になった際、あまりにも記事作成に手間取り私生活にも支障をきたしてしまい連日寝不足が続いたらしく、こんな状態に陥れた諸悪の根源イトジュンをいつか殺そうと決意した長命ヶ丘4丁目のサイコパス。
・コナンや金田一も真っ青な完全犯罪に近い具体的な殺害計画は既に何パターンか作成しているらしい。
・その計画を実行に移す前に、アビちゃんが受取人の高額な生命保険をしつこく勧めてくる生命保険の申し子。
・そう言えば今年に入ってから、
「高層ビルの屋上でグルグルバットして遊びませんか?」
「富士の樹海にカブト虫取りにいきましょうよ。何かの時の為に人の体重でも切れない丈夫な、よくくいこむロープ持っていきましょう」
「東尋坊の先っちょに5泊6日ツアー申し込みしときました」
「神奈川の座間市あたりに行きません?何か起こりそうな気がするんです」
「福島第一原発の燃料棒、イトさんなら素手で取り出せると思うんスよねー」

など今思うとかなり闇深い裏がありそうな誘いを多々受けていた気がする。
・正月になるとめっちゃ喉に詰まりやすい形状をした餅を年賀で大量に贈ってくる。
・夏になると少し痛んだ鮭や、見たこともない毒々しい色鮮やかな中南米あたりに生えてそうなキノコを暑中見舞いで贈ってきたりもする。
・さらにフグの養殖やトリカブトの栽培に着手したとの噂も。
・市民センターの駐車場で車に乗ったアビちゃんがワシめがけて物凄いスピードで突っ込んでくる時がたまにある。
・市民センター駐車場で車の中で仮眠をしていると後部座席のドアがガチャっと開いた。
「?」と眠気まなこで後部座席を振り返るとアビちゃんが何かを置こうとしていた時がある。
なんか練炭っぽかった。
「な、何してんの?」
と問いただすと
「いや、よく眠れるかなーって」
と、永遠の眠りにいざなおうとする死の生命保険のパーリーピーポー。


おめでとうアビちゃん。
物騒な事は考えないで楽しくバドやろうぜ( ^ω^ )



お疲れさん。








仙台 バドミントン サークル

[PR]
by mifune0007 | 2017-11-12 23:33 | Comments(2)

シャトルすくい。

29日は長命ヶ丘市民センターでレイナ~ず。

総勢14人が雨の中お集まりになりました。
なので、久々に「ガチガチチーム」と「ダメ人間チーム(前はもっと優しい名前だった。おかしい、いつから変わったのかしら。)」に分かれて試合になった。

ダメ人間の指名を受け、心の奥の小さなプライドが、
《ダメ人間って何よ!》

と一瞬思ったが、ガチガチチームのメンバーを見て、
《ダメ人間でよかったわ》
と胸を撫で下ろしたのだった。

で、ダメ人間の方で練習していたのが、
『バックハンドのシャトルすくい』

シャトルすくいはあれです。床に落ちてるシャトルをラケットで、
スッと!
クイッと!
シャッと!
取るあれです。
それをバックハンドでやることでバックを打つときの手首の使い方に役立つらしい。

難易度★★★
くらい?

ちょっと練習してみますね。で、誰か出来るようになったらお披露目してください。

最後にカネタさん中心に1枚。
みんな視線がそれぞれ(笑)
d0357805_20074362.jpg




仙台 バドミントン サークル


[PR]
by mifune0007 | 2017-10-30 20:06 | Comments(1)

22日、大型台風が襲来しているなか掃除して洗濯して飯作って猫のシャンプーして選挙行ってラケットガット張り替え依頼して、夜やっぱ暇なんでバドミントンする事にしました。


【仕事の打ち合わせ帰り、人生初となるスタバに寄ってみた。いつもセブンのコーヒーだったのでスタバのオシャレな雰囲気が敷居を高く感じさせ「店員さんに菓子折り持っていった方がいいのかな?」少し悩んだ。とりあえずコーヒーをMサイズでと注文したらショートだのグランドだのベンチィーだの野球用語を言われた。最終的に店員が「トゥールアイスモカアイスオランジェエクストリームギャリックボンバヘッ」みたいな呪文を唱えてきた。スタバ怖ぇ(つД`) の巻】
d0357805_21293071.jpg

そんなスタバ慣れしてないような暇な中年男子を集めて長命ヶ丘でバドミントンした。
5人で延々と乱数表で回して試合をした。

当然すぐ飽きた。



【小学生時代流行った遊びは勿論ファミコン。ワシはたまにいたファミコン買わない家族ルールだったので、キャプテン翼ごっこに熱をあげた。スカイラブハリケーンは大怪我するからやめておけ の巻】

バドに飽きたので、童心にかえりみんなでダルマさんが転んだをした。
d0357805_21221690.jpg

吾孫子ちゃんが長命ヶ丘のアサシンの名に恥じぬ活躍で優勝した。
しばらくダルマさんが転んだをした。


こちらもやっぱり飽きた。


【お酒のつまみはやっぱりタコワサとレバ刺し。あーレバ刺しがもう一度食べたい の巻】
バドもダルマさんが転んだも飽きたので市民センターロビーの一角を借り、みんなで呑む事にした。
d0357805_21262212.jpg

ダミアンが途中酔い潰れた。
スポーツドリンクで。



お疲れさん。






仙台 バドミントン サークル



[PR]
by mifune0007 | 2017-10-22 20:56 | Comments(0)

15日、南中山市民センターでレイナ~ず。

最近秋風が冷たくなってきて長袖が手放せなくなりました。
ここはコートが3面使えるお得な体育館。
だけど、場所が場所だけに冬になると信じられないくらい寒いんです。
冬にまたこの体育館に来たら実感するでしょう。

本当に信じられないって!!

そして新しい選手、カネタさんがお越しくださいました。
カネタさんもなんですが、この日のメンバーがみんな一級品だったんです。

先日の徳のある話を思い出しながら、ちょいちょい成功し、食らいつく毎試合。

何て言うか、レベルが5段10段高い人たちと試合すると、興奮するんだよなぁ!
火事場の馬鹿力?
普段絶対返せない球も当たっちゃったり?
奇跡のフレームショットがいい感じに決まっちゃったり?

だけど、この日はやるより見てる方が楽しかったなー。


なぜかこの日…(余談)
緑のパーカーを着て、(寒いから)
カーキ色のスカートを合わせた(たまには…と思って)

配色が『緑×緑』になってしまい、まるで自衛隊(・・;)
この格好で体育館に入れず、運よく体育館の外に更衣室があったから直行し、いそいそと着替えたのでした。


仙台 バドミントン さーくる



[PR]
by mifune0007 | 2017-10-18 17:33 | Comments(6)

8日、吉成市民センターでレイナ~ずが開催されました。

・会場に着くと何やら懐かしい風体、フォームな人物が。
・今年仙台に帰ってきたまっさんでした(・∀・)
・こちらにきて数ヶ月、だいぶ落ち着いたようでレイナ~ずに久しぶりに参加してくれました。
・バドミントンは約2年ぶりくらい。
・相変わらず長身を活かし、ジャンプしながらめっちゃ伸びてた。
・一本の棒のよう。
・あ、あぶない。筋が伸びちゃうよ
( つД`)
・そのまっさん、7時半くらいに帰り支度を始めた。
・「ま、まっさん。もう帰るの?」
・「はい!娘を風呂に入れて寝かしつけなきゃいけないんで!(・∀・)」
・とても素敵笑顔でダッシュで帰っていきました。
・どうやら1日で一番の楽しみらしい。

・帰り、忘年会が近いので幹事を任命する事にした。
ワシ「アビコちゃん。幹事お願いします」
アビちゃん「はい!イヤです!」
ワシ「ぅワオ!」
ワシ「じゃあダイちゃん。お願い」
ダイちゃん「イヤです!」
ワシ「おうふっ!」

・今年の忘年会は開催危ういわね。


・9日、どっかのサークルの冬の大会が開催。
・結果は前記事に荒っぺが書いてくれた通り(^^)
・付け足すと、田中お父さん&小山プロの青森コンビが3位入賞しました。


・9日夜、松陵市民センターでレイナ~ずが開催。
・ワシは何を勘違いしたのか将監市民センターに到着。
・受付をしようといつも通り「こんちわー。夜間予約したレイナ~ずですけど。お世話になります」と職員さんに挨拶し、受付表に記入しようとすると、
職員さん「は?何す?レイナ~ずさんは今日入ってないよ」
ワシ「え・・・・ウソ・・マジ?」
職員さん「マジ」
ワシ「ここは松陵(しょうりょう)市民センターでは?」
職員さん「いや将監(しょうげん)市民センター」
ワシ「しょう・・・げん?」
職員さん「しょうげん」
ワシ「しょうげんかー」
職員さん「しょうげんだねー」
ワシ「だよねー・・。失礼しまーす」

・・・・

・アワワワ!( ;´Д`)やべぇ。言いながら松陵市民センターに向かって爆走した。
・遅れて着くと田中お父さんがネットを張り終え、1人ぽつんと座っていた。
・「お父さんごめーん( ;∀;)」言いながらお父さんとハグした。
・お父さん、寂しくて泣いてた。
・気を取り直し、2人で基礎打ちをした。誰も来る気配がなかった。
・コートを広く使える良い機会なので、2人でノック練習する事にした。
・中年男2人がキャッキャッ(=´∀`)(´∀`=)言いながらノック練習。
・哀愁が漂う。
・そんな時、板倉夫妻が登場。
・ジャニーズシニア2人組のなんともしまらないチマチマペチペチやってるノック練習姿がツボに入ったらしく、いづみちゃんが爆笑していた。
・田中お父さんと2人で恥ずかしくなってうつむいた
(−_−;)(;−_−)

・その後、みんな大好きダイちゃんが来た。
・今回はこの5人で打ち止めだった。
・せっかく遠いとこにまで来てくれたので4人にジュース奢ろうと思った。
・財布を出したはいいが、ジュース奢ると言っても多分みんな遠慮するかな・・・、と思った。
・ワシ「よかったらジュース飲む?みんなの分奢るけど・・いらない・・か(;・∀・)」

!!

いづみちゃん「うぃーす!いただきまーす!」
イックン「ちょりーす!ありとぅーす!」
ダイちゃん「ゴチんなりまーす!ごっつぁんでーす!」
田中お父さん「チースッ!うぃーす!!ゴチっす!10本くらいゴチになりまーす!トゥースッ!」

・遠慮など微塵もなく我先にと自動販売機へ向かって行った。
・いつもは言うこときかないくせに、こーゆー時はめっちゃ素直( ;∀;)



お疲れさん。


仙台 バドミントン さ



[PR]
by mifune0007 | 2017-10-10 23:15 | Comments(3)

ビスコ。

9日体育の日。
某サークルのクラス別大会が開催されました。

8:30 開場 受付
…のはずが、体育館の玄関がまだ開かない!

アベナオちゃんとまだかなまだかな、と待っていると、知らないおじさんがゆっくりと近づいて来た。

「まだ開かないね。今日は何かの大会ですか?」
と穏やかな口調で話しかけてきた。
YONEXの靴下を履いてるからバドやってるのかな?と思った。
「サーブを返すときお決まりみたいに(シャトルを)上げるでしょ?あれはダメなんだよ。」
とプレイについて語り始めた。
最初は中途半端に知識をひけらかしてるのかと思って、とりあえずうなづいていた。

「サーブの返し方はこう、こう、こう!と8通りはあるね。」
と実演までしてくれた。
動きからして、この人は出来る人だ!
と思い始めてきた。
「全日本のシニアの大会辞退してね。肩を痛めてしまって。」
膝にサポーターしてたからてっきり膝を負傷してたかと思った。

わあ、スゴい!
とアベナオちゃんと尊敬し始め、徳のある話を聞き込んでいた。
すぐに試合に活かせそうなのは前衛と後衛の間にシャトルを落とすことだった。

体育館が開いて、受付してペア決めをする。
私、なぜかくじ運がよくていつもは上手い人と組めるんだよね(^^)

今大会は全体的に人数が少なくて、試合が終わったらすぐ審判。
審判審判、また審判(´Д`)

他のクラスの人たちの試合も見たかったよー!

個人的に試合中心がけていること。
味方同士が不協和音にならないようにすること。

ミスはお互い様だから責めない、否を認める。
とりあえず楽しく試合出来るように笑うこと。
ペアを組んでくれた人はそういう人だったから、なおやり易かった。

お昼休み☆

ユキちゃんと赤坂さんとご飯を食べていた。
話を聞くと、ユキちゃんは危うく寝過ごすところだったらしい。

「起きてすぐ最低限の身支度してね、とりあえずこれを持ってきた。」
と可愛らしいバッグを取り出した。
「ビスコ無いかなと思ってビスコ買ったらビスコが出てきてね、朝本当に時間なかったけど家にあったビスコを持ってきてね」

とビスコを一分間を5回は言ったため、たまらず赤坂さんと笑い出してしまった。
「他の人たちにも配ってくる!」
とビスコを配り、戻ってきたらビスコを袋の半分余らせて戻ってきた。
「で、ビスコが…」
と、ビスコ愛が止まらなかった。

そんなユキちゃんは見事優勝!
おめでとう(*^.^*)

その他は…
Aクラスはキクチさん(あまり見ないけど、いつも優勝する人)とダミアンさんが優勝。
阿部ともさんは2位だったかな?
赤坂さんは3位入賞☆
皆さん、おめでとうございます。

大会が終わったあとも、残って練習する人たちがチラホラいたけど、久々に大会に出てエネルギーを使い果たしたため、ぼちぼち帰りました。



仙台 バドミントン サークル





[PR]
by mifune0007 | 2017-10-10 20:22 | Comments(3)

シータ=ドラミちゃん。

前回のブログのラピュタ繋がりなんですが。
職場にパズーに似てる人がいるのね。何となく髪型とか雰囲気とかが…。
本人に「似てますよねー」
と言ったら、
「最高の褒め言葉!」
とのお返事だった。

ちなみにmy favoriteシーンは、ラピュタ島に向かってる海賊船で、パズーとシータが見張りをしながら会話するところ!


1日は長命ヶ丘市民センターでレイナ~ずでした。
なんやかんやで約一ヶ月行けず、足が追いつかず、フォームもヘンテコ。
何試合かしてるうちに、だんだん勘が戻ってきた感じ!

目が覚めるようなスパンと飛んでくるスマッシュを何度も受けると刺激されてビリビリビビビ!。

体育館全体がやんややんやしてた。
よくわかんないけど、
やんややんや。

おかげでイトウさんの乱数表を呼ぶ声がかき消され聞こえない…。
3回も4回も呼んでいただいたもんだから、最後は息切れしていた(ように見えた)。
いつもありがとうございます。

最近、釣りバカのハマちゃんみたいな生き方っていいなって思える。
仕事はそこそこに趣味に没頭して。
そういう生き方出来る人ってある意味尊敬出来る!


仙台 バドミントン サークル




[PR]
by mifune0007 | 2017-10-03 21:44 | Comments(0)

ブログ更新がなかなかされないので、記憶をほじくりだして書きます( ;∀;)


・あれはいつだったか、幸町市民センターでレイナ〜ずが開催された、そんな気がします。
日下さんちユウ君、コウ君、アキラっちが参加してくれました(・∀・)
・ジュース争奪戦が開催され、平成生まれのユウ君、コウ君がキレッキレの動きをみせジュースを奪っていきました。
昭和生まれと明治生まれのレイナ〜ずメンバー達は若い力に太刀打ちできませんでした。
・やっぱりコラーゲンやらコエンザイムやらヘモグロビンやらがドバドバ生産されてる若者には勝てないわね(´-`).。oO若さってすごい。

・休憩中、ナナエちゃんがニコニコしながら近づいてきてある物を渡された。
・なんと山形の慈恩寺特別クリアファイルの土産だった。
・しかもワシの好きな十二神将のクリアファイル。
・なおかつ希少な寒河江市マスコットキャラ「チェリン」のコラボver((;゚Д゚))
d0357805_21402941.jpg
・ナナエちゃん「イトさんにしか買ってきてないんです(^^)特別ですよ」
・とか、少し照れながら言うナナエちゃんが可愛い過ぎて抱きしめようかと思った。
・が、ワシの怪しい動きに気付いたのかナナエちゃんがジェイソン・ステイサムみたいな顔で睨んできたのでやめた。
d0357805_21571240.jpg


・その次の週か、そのまた次の週だったか八木山市民センターでレイナ〜ずが開催された・・と思う。
・あまり馴染みない太白区エリア、初の八木山市民センターの為に会場入り困難者が続出。
・ワシは八木山市民センターを見つけたが入り口がわからず、隣のバスプールをぐるぐるした。
・やっと入り口らしきスロープ見つけた〜( ;∀;)と思ったら歩行者用スロープ。
・歩行者用スロープの幅が無駄に広いがな。
・赤坂会長&ユキちゃん組にいたっては場所すらわからず八木山動物園に入ってしまったらしい。
・八木山市民センターは綺麗で広かったわ。
d0357805_00022143.jpg

市民まつりなんとか大会の1部リーグに古城君とペアを組み出場するらしくペア練習の為に小山先生が久しぶりに参加。
・その古城&小山ペアの練習相手にワシ&イッ君が選出された。
・真の1部プレイヤーとエセ3部ペアの対戦。
・破天荒すぎる無茶振り試合が始まった。
・舞ちゃんといづみちゃんは他のコートで試合予定にもかかわらず、その無茶振り試合を観戦したいと申し出、カメラを構えスタンバッていました。
・舞ちゃん「イトさんとサダポン二人の公開処刑される姿を、あ、イヤ、ゴホン!ゲフン!二人の必死に頑張るカッコイイ姿を見たいんです!」
・いづみちゃん「です!(・∀・)」
・女ってのは残酷な生き物だぜ・・。
・北の偉い人も目を背けたがるような凄惨な公開処刑が繰り広げられた。

・ツチノコユキちゃんも市民まつり大会に赤坂会長とペアを組むため久しぶりに参加。
・相変わらず1人だけ早送りしているような高速ドライブを打ち込んでいた。
・強プレイヤー杉さんにして「あの子のドライブは常軌を逸脱している((;゚Д゚))」と言わしめた。
・帰りの会。もうそろそろ忘年会の季節なので、小山師範やユキちゃんも参加するように促しといた。



・でもってその市民まつりなんとか大会。
・みんなそれとなく頑張っていました。
d0357805_00273815.png

d0357805_00281801.png

d0357805_00335638.jpg

小山師範&古城王子は初ペアを組み一部に挑みましたが、やはり1部は真の修羅の部。
惜敗が続きました。
大会後、小山師範が「いやー、今日は久しぶりに本気で悔しいっスねー」と呟いていました。
・なんかこういうのいいわね。スポ根みたいで。
・リベンジ期待してます。

・チョッキーとダイちゃんが応援にきた。
・チョッキーはやはりいつも通り正座して彼氏の応援。
・ついでにワシ&イッ君の試合も正座して応援。
・と思ったが、試合を見ているようで見ていない。また遠い目をして布施明の歌を「なふ〜♩なふさ〜ん♪にゃむにゃむ〜♫」口ずさんでいた。
・今回は「霧の摩周湖」を歌っていた。
・そのチョッキー、ジーンズに上はヨネックスのユニフォーム着て応援に来ていた。
・ワシ「チョッキー素敵ないでたちだな・・」
・チョッキー「えぇ。バト会場に私服で入ると浮いちゃうんで、ワンクッションでヨネックスユニフォーム入れてみました(・∀・)」
・ナイスなワンクッション。


・そんな大会で大事件が。
・ワシ&イックンがなんの間違いか3部で準優勝してしまい修羅の部の2部へ昇格( ;∀;)
・2人の倍の戦闘力を誇る阿部ちゃんか3部のままで、ワシらが2部へ昇格してしまう逆転現象が発生。まさにポロロッカ状態。
・タネあかしをすると「準々決勝の勝者4チーム全部2部昇格させますよ。マジで」と大会本部から通達があったため死んでも2部昇格したくない準々決勝にコマを進めた人々が無気力試合を始めてしまいました。
・どうぞどうぞ勝ってください、と言わんばかりの接待バドがあちこちのコートで繰り広げられます。
・相手ペアはサーブミス連発という、なかなかな強行策できました。
・なんかヤな感じねぇ。
・ワシ&イックンも気力を振り絞り無気力試合を繰り広げようかと思いましたが、そこは貧乏性の2人。「せっかく3000円払ったんだから沢山試合したいわよね」と話し合い遠慮なく勝ちを貰う事にしました。
・その後決勝で敗れたし、3部でもよく負けてるし、まさか2部昇格は冗談だろう、ハハハ。とたかをくくっていた。
・が、冗談ではなく本当に2部昇格してしまった。
・やべぇ。やってしまった。
・この際バドミントンやめて相撲やろうかしら。
・いや、この意味不明で後ろ向きな戦略で昇格を進めれば東京オリンピックに間に合うかもしれない(・∀・)

・後日、加茂サークルにイッ組んとお邪魔した。
・由美子さん、ガッキー、田代さんが、ワシとイッ君を見るなりニヤニヤ(・∀・)していた。
・この悪意のある笑みは・・・くるな。

・予想通りきました。
・試合でラッキーなスマッシュやフレームショットが決まるたびヤツらの精神攻撃が始まりました。
「いやーさすが2部プレイヤーはうまいなー(・∀・)ニヤニヤ」
「すごいなーあえてフレームで打つとは。さすが2部プレイヤー様だぜ」
「2部プレイヤー様。ご指導よろしくお願いしますね」
「2部プレイヤー様と同じコートに立てるなんて・・恐悦至極です」

ワシ「そ、そーゆーのやめて( ;∀;)」

・やめてくれませんでした、
「2部プレイヤー様は歩く姿さえ威厳を感じるぜ」
「すいません。2部プレイヤー様の動きに合わせます。忖度します」
「そのカキン!って音のする素晴らしいフレームショット、どう打つのか教えてもらえませんか?」
「おや?2部プレイヤーでも空振りする事あるんですね」
精神を蝕む攻撃が終始繰り返されました。

虚構の2部プレイヤーいじりはしばらく続きそうですな( ;∀;)

お疲れさん。

仙台 バドミントン サークル






[PR]
by mifune0007 | 2017-09-30 21:22 | Comments(3)

3日、長命が丘市民センターでレイナ〜ずが開催されました。


【高みーはスナイパー の巻】
今回2回目の参加となった高みー。
だいぶ現役時代を思い出したのか強烈なスマッシュを打ってくるようになりました。
しかし、何故かそのスマッシュはワシの乳首を狙ってきます。
1発目は右乳首。2発目は左乳首。3発目をまた右乳首とピンポイントに、そして左右均等に狙ってきます。
物凄いコントロールです。
精密機械と言われた往年の名投手、小山正明を思い起こさせます。
ワシのペア、田中お父さんには目もくれず、ワシの乳首を狙ってくるではありませんか。

そこは変な声が出るんで勘弁してつかぁさい。
( ;∀;)
そんな高みーは、うどん派かと思ったら意外にもソバ派です。
ちなみにお仕事はパン屋さん。



【Jアラートの音恐ぇよ((;゚Д゚))  の巻】
今度の富谷オープンに向けて、イックンと組んで練習する事にしました。
対戦ペアは古城の旦那とマチャアキ。
強敵です。
ラリーが続く中、イックンが叫びます。
「J打って!」
「J上げて!」
「J!ナイスサーブ」
「ジェーイ!」
J、J、J、J、J、Jやかましいなー
(;´д`)

と思ったら、

「伊東!!」

!?∑(゚Д゚)

どさくさに紛れて呼び捨てしてきました。
イックン「すいません。ついとっさに出てしまいました」
ワシ「あぁ、気にしないで」

またラリーが続きます。

イックン「伊東!!前だって!前行け!」

とっさとかそういうレベルではなくガッツリ言ってるわ、これ。
( ;∀;)



【最強のメガネ男子はARATAだな、とずっと思っていたけど玉山鉄二も捨てがたい   の巻】
レイナ〜ずのメガネ男子、田中お父さん。
大会では自爆テロを幾度となく繰り返し味方ペアに恐れられてるプレイヤーですが、市民センターではなぜか戦闘力が跳ね上がり1部プレイヤーと化します。
ヘアピン合戦ではキレキレのクロスヘアピンが幾度となく決まり、プッシュやスマッシュも強力無比。

そんなお父さんは今月中頃が誕生日。
さぁ焼肉屋で皆んなでお祝いだー
(・∀・)
お父さんゴチになります。

d0357805_23493151.jpg


d0357805_23494316.jpg

あ、やっぱりARATAが最強だわ。



【レイナ〜ずのお笑い芸人と言われたナベちゃんや丈さんは元気かな   の巻】
休憩中、腹が減った為あらかじめ用意したコンビニで買った弁当を急ぎ外で食う事にした。
早くしなければ!時間がない!
よいしょよいしょと、食べる準備をしていたら割り箸が落ちた。 足元に。
ふいになんかの番組で見たお笑い芸人の「足元にお手元〜♩」が脳内で再生された。
「ハハハ」と一人で笑った。

風が気持ちいい。
あぁ、秋が近づいているんだな。




【市民センターの中心でフェチを叫ぶ の巻】
乱数表片手に番号を読んでみんなの組み合わせを指示していると、イックンがワシのケツをラケットで撫でるようにサワサワしてきました。
ワシ「ちょ、ケツをサワサワすな」
イックン「俺、ケツが好きなんです!!」

突然性の波動に目覚めたのか自分がケツフェチである事を声高らかに明言するイッ君。
その顔つきは「漢」そのもの。
幾千の修羅場をくぐりぬけた豪の者の顔でした。


ワシ「あぁ、そ、そうなの。ワシはくびれが好きだな」

ちなみにダイちゃんはうなじフェチ、田中お父さんは二の腕フェチ、杉さんは足首フェチだ。
その足首フェチの杉さんと今度飲みに行く事にしたのだが、どの仏像の話をしようか今悩んでいる。


【笑顔  の巻】
今回は暑いせいもあり、途中離脱者が増えました。スナイパー高みーも途中離脱。
終わりまで見学となりました。
皆が試合をしている中、1人ポツンと見学してます。
すこし寂しそうに見えたので試合中に「高みー(・∀・)ノ」と声をかけ手を振ってみると、笑顔で手を振ってくる高みー。
気を良くしてまた「高みー(・∀・)ノ」と手を振ってみると、また笑顔で手を振ってきます。
舞ちゃんや会長、チエちゃんから「セクハラだぞ!」「やめろ!」「高みーが怯えてるからやめたれよ!目玉ほじくり出すぞ、この野郎」とススキノあたりのヤクザのような物騒な怒号が飛び交います。
それに負けず声をかけて手を振ってみると、また手を振り返してくる高みー。

最後の方に高みーが「チッ」と舌打ちした気がするけど、気のせいだと思う。
たぶん。

でも思い返すと同じく途中離脱したチョッキーにも手を振ったけど「チッ」って聞こえてた。そういえば。
( ˙-˙ ;)ゴ、ゴクリ・、



【先日カラオケ行ったら同じ曲を2回入れていた。これは・・  の巻】
練習が終わり、今日の会費を集める事に。
皆「幾らスかー?」
ワシ「今日人数少なかったから400円だねー」
チエちゃん「あー疲れた。いくら?今日」
ワシ「400円だね」
チエちゃん「ほーい」
カチャカチャと財布から小銭を探すチエちゃん。
チエちゃん「で?いくら?」
ワシ「あー400円だね」
チエちゃん「あいよー」
カチャカチャ・・
チエちゃん「いくらだったけ?」
ワシ「んとねー、400円」
チエちゃん「オッケー」
カチャカチャ・・・
チエちゃん「今日いくら?」
ワシ「あ、えっとね、400円だね」
チエちゃん「りょうかーい」
カチャカチャ・・・


ワシとチエちゃんは認知症予備軍。




【石田さんちの大家族のお父さんはやっぱり良いキャラクターをしている  の巻】
帰りの会、玄関先で雑談をしていると、古城旦那が古城嫁に「すいません、すいません、本当すいません。また殴るのだけは勘弁してください。前回の時のアザがまだ消えてないんです」と平謝りしていた。
いつも飄々としているのが古城君のイメージだったが、子犬のようにガタガタ震えていた。

新婚さんなのに・・そうか。早くも尻に敷かれてるのか。

そういえば舞ちゃん、妻の顔になってきたわね(^^)


ちなみに田中お父さんのご家庭では、田中さんが仕事が終わり帰宅したら、まず「失礼します」と言いながら奥さんの肩もみを始めるらしい。
その後洗い物をするのが日課だとか。

ウチはオヤジだけだけど、オヤジがあの歳でも仕事バリバリ、元気一杯のチャラ男なのはひょっとして・・・・・
(・∀・;)

いや、人生のパートナーがいるってのは素晴らしい事だよ。きっと(棒読み)

古城君も田中お父さんもなんだかんだで幸せそうだし(^^)

お疲れさん。





[PR]
by mifune0007 | 2017-09-03 23:44 | Comments(2)

翼を授ける。

ある日突然職場に、
「皆さんのエネルギーチャージに来ましたぁ(^^)」
ドラム缶みたいなリュックを背負ったキレイな二人組のお姉さんが来た。

レッドブルガールだ!

休憩室にレッドブルを置きたいとの申し出に、私が案内することになった。

各フロアを回っていると、突然のガールたちにみんな目が点になる。

「エネルギーチャージに来ましたぁ(^^)」
説明も兼ねてどさくさに紛れてガールもどきになってみた。

私も一本いただき、ここぞというとき飲もうと取っておいた。
練習前に飲んでみた。
何だか翼が生えたようだった!


余談が長くなりましたが、27日は水の森市民センターでレイナ~ず!

何かの大会だったのか、24時間テレビのイベントに行ったのか、集まった人数は9人。

その中にはお久しぶりのニッシーさんと、つちのこ的存在のユキちゃんの姿が!

いつものように乱数表で試合。
シバタさんと対戦することになった。
レッドブルを飲んだし翼が生えてるんだ!
それにシバタさんは前回足を捻ってるし本調子ではないはず。
勝つなら今日しかない!

「今日は勝てる気がします!」
宣言してみた。
「え?」
と聞き返された。
聞こえなかったかしら?

「今日は勝ちます!」
「え?」
…こうなったら結果を出すしかない。

際どいコースのシャトルを必死に拾ったが、ボディめがけた高速スマッシュが何回も飛び込んできた。

翼はいとも簡単にむしり取られてしまった。

後日談:赤子の手を捻るよう…いや、赤子よりも簡単だった by shibata


夏らしい気温になり体育館はサウナ状態。
水分ガブガブ、試合が終わればうちわをヒラヒラあおいでいると、勤務中の太一さんが顔を出した。

第一声が、
「あったけー!」だった。

嘘だろ?
みんなは耳を疑った。
暑くて瀕死状態なのに暖かい?
涼みに来たのではなく、暖をとりに来たようだった。
バイクで配達してると冷えますよね。
練習が終わって外に出ると、確かに夜風が冷たかった。

秋はすぐそこまで来てるんですね。

仙台 バドミントン サークル



[PR]
by mifune0007 | 2017-08-28 20:26 | Comments(0)